相続不動産②

投稿日:

相続後の空き家問題

 

半年前に不動産売却のご相談がありました。

会計士さんからのご紹介で、相続した家を売りたいとのご相談でした。

亡くなったご主人から自宅を相続し、奥様は別の場所へ引っ越されて空き家になってから9年が経過してました。

空き家

 

建物は、かなりの年数が経過していましたが建物の造りが良くリフォームすれば、まだ使えそうな建物でした。

後日、建物検査を行ったところ9年も空き家にしていたので、本来使えていた設備がかなり傷んでいました。

建物は人が住んで使っているのと、空き家にして放置している場合では建物寿命が変わってしまいます。

但し、売主様の売却理由が家業が不景気になり廃業するので、会社の債務返済に充てたいとのことでした。

その為、何としても高く売らなければなりません。

しかし、ここで難題が。

売却する家の前の道路は、ギリギリ4Mは確保できていましたが土地面積が25坪足らず

建蔽率、容積率が50%、80%なので、1階と2階を合わせても20坪程度の建物しか建替えできません。

住宅用地としては、あまり魅力がありません。

さらに、隣の家も空き家で築年数不詳の建物があり今にも崩れそうです。

廃墟

こんなボロ家の隣に新しい家を建てたいとは、誰も思いません。

隣と合わせてみるとこんな感じ

解体前

さて、困った!

となりの家の持ち主を探して交渉するしかなさそうです。

 

ピタットハウス吉野町店

 

 

-家・マンションの売り方, 不動産用語
-,

Copyright© 横浜のマンション・家・不動産の売却・賃貸ならピタットハウス吉野町店 , 2019 AllRights Reserved.

※ピタットハウスの加盟店は独立自営であり、各店舗の責任のもと運営をしております。