中古マンションの売り方① 横浜のマンション売却片付け

投稿日:2017年5月8日 更新日:

中古マンションを売却する際に、やった方が良い事とやらなくて良い事があります。

居住中のマンションを売る場合に、最初にやった方が良い事は片付けです。断捨離のつもりで家を売る事を決めたら、

引越先に持っていかなそうな物は捨てましょう。

洋服などの小物の次は、大型の家具なども引越先で使わなそうな物は、リサイクルや粗大ごみで処分しましょう。

普段使わないものは、クローゼットや押入れに入れて、入らない物は処分した方が良いでしょう。

内覧希望者の方が来る前は、テーブルやカウンターに出ているものは、仕舞いましょう。テーブルの上に何も無い方が良いです。

内覧にいらっしゃるお客様の滞在時間は、居住中の物件では5~10分ですが、空室物件の場合には30分位になります。

居住中の物件の場合は、気を使うという事もあるでしょうが、拝見できるスペースが少ないので、早々と退散します。

購入希望のお客様に出来た事は、部屋位置の確認と、眺望、日当たりの具合を見るくらいです。

これでは、なかなか購入までには踏み切れません。滞在時間を長くして、よく見てもらいましょう。

最初の一歩。片付けです。

売却するのにリフォームやハウスクリーニングは必要か

ピタットハウス吉野町店

 

 

 

 

-全記事, 家・マンションの売り方
-, , , , ,

Copyright© 横浜のマンション・家・不動産の売却・賃貸ならピタットハウス吉野町店 , 2018 AllRights Reserved.

※ピタットハウスの加盟店は独立自営であり、各店舗の責任のもと運営をしております。