本気の空室対策 

投稿日:2017年6月3日 更新日:

インターネット無料

先日、新築木造2階建アパートのワンルームの賃貸契約が3件ありました。

別々の物件で、管理会社も別です。

入居の申込をして契約前にインターネット接続の業者を確認したところ、3社ともインターネットは無いとの回答。

えっ?CATVもインターネットもない?

単身者向けでも、ファミリー向けでもインターネット無料の設備は、人気の上位になります。

新築アパートの完成直後だとしても、入居者募集は始まっている(中には引越して入居中の部屋も・・)

横浜市内でも南区は空室率が高く、ワンルーム激戦区。管理会社は、なぜオーナー様に提案しないのだろうか?

若干の初期投資は掛かっても、家賃下落の防止や空室率低下につながると思うのだが・・・

結局、3社の内1社には、入居者の要望でJ-comを入れてもらいましたが・・・

空室対策は、どうする?

半年以上空室の物件って、よく見かけますが、あれはオーナーが悪いのか管理会社が悪いのかと思うことがあります。

空室のままで良いと思っているのかも?  理解できない・・・・

賃貸経営という観点からみれば、(建物年数×賃貸年月×家賃)-(修繕費+税+AD+管理費)=となると

AD(管理会社に支払う広告宣伝費)などを増やして入居月を増やすか、賃料を少し下げても入居月を増やした方が、収支は良くなるはずです。

一度入居したからといって、何十年も同じところに住む方は、ほとんどいません。

退去されてしまったら、また空室です。

建物は、何もしなくても経年劣化していくので、維持費が増え、競争力が落ちてきます。

管理会社の対応に呆れる

オーナー様が管理や入居者募集を不動産会社に任せる時に、信頼関係や管理会社の条件だと思われますが、オーナー様に対応する管理会社の社員と、入居者を客付(仲介)する不動産会社に対応する社員が、同じとは限りません。

オーナー様には、誠意的に対応している管理会社でも、客付仲介会社に対しては非常に対応の悪い管理会社もあります。

電話対応の悪さから始まり、案内対応、物件詳細も分からない管理会社にまかせていては、決まる部屋も決まりません。

客付仲介会社は、自然と対応の悪い管理会社の物件は、紹介しなくなり入居率も悪くなります。

オーナー様にとっては、最悪な状況です。

これからは、不動産会社とオーナーが本気でタッグを組まないと満室経営は厳しい時代です。

ピタットハウス吉野町店

 

 

 

-全記事, 入居者募集・賃貸管理
-, , ,

Copyright© 横浜のマンション・家・不動産の売却・賃貸ならピタットハウス吉野町店 , 2018 AllRights Reserved.

※ピタットハウスの加盟店は独立自営であり、各店舗の責任のもと運営をしております。