中古マンションの売り方⑧ 横浜のマンション転勤売却

投稿日:2017年6月10日 更新日:

転勤や職場が遠方になってしまった場合

せっかくマイホームを買ったのに、転勤や転職などにより遠方に引っ越さなければならなくなった場合に、今の持ち家をどうするか悩みますよね

社宅を用意してくれるような会社なら良いですが、御自身で転居先の部屋も探さなければならなかったり、家賃補助が少ないなど、金銭的にも苦労される方も多いと思います

マイホームの借入も残っていれば、ローン返済もしなければなりません

金銭的に余裕があれば、転居に合わせて急いで売らずに済みますし、転居後は賃貸にする方法もあります

転居後に空室になってから賃貸募集と売却の同時進行も可能です

賃貸の場合には、設備の点検やハウスクリーニングを行う必要があります

空き部屋になっている間の空気の入れ替えや管理などのサービスを行っています

賃貸の場合は、空室にしないと入居者を決められませんが、売却の場合も空室の方が高く売れる可能性があります

また、どうしても転居前に売却しなければならない時などは、買取という方法もあります

住宅ローンの残債以上で売る事が条件ですが、窓口になる仲介会社に多数の不動産買取業者から入札形式で買取金額を提示してもらい、最高値の業者に買い取ってもらう方法です

高値で売れるケースもあり、設備の故障や瑕疵担保責任を免責にしてくれるなどメリットもあります。時間もスピーディーなので、計画を立てやすくもなります。

転勤して来られる方向けに

遠方から、なかなか物件を見に来れないという方向けに、お客様に代わり物件を内覧してくるサービスもあります。

周辺環境の写真や360度カメラ、動画を撮影してメールで送る事もできます。

わざわざ、遠方から物件まで行かなくても条件が絞れてきます。

最終の結論の時は、物件の見学にお越し頂きたいのですが、現地を見ずに決められる方もいらっしゃいます。

便利なサービスですので、是非ご利用下さい。

ピタットハウス吉野町店

 

 

 

-全記事, 家・マンションの売り方
-,

Copyright© 横浜のマンション・家・不動産の売却・賃貸ならピタットハウス吉野町店 , 2018 AllRights Reserved.

※ピタットハウスの加盟店は独立自営であり、各店舗の責任のもと運営をしております。