中古マンションの売り方⑨ リノベーション売却

投稿日:2017年6月19日 更新日:

リノベーション売却

住まいの売却に際し空室で建物設備が、かなり老朽しているなど、そのままの部屋では売りにくいケースがあります。

当店では、そのような場合にリノベーション工事を施し、売却しやすくするサービスをしています。

リノベーション工事をすれば、工事代金分を上乗せして売却しなければなりませんが、売主様の売却後の手取り額が多くなるよう販売に力を入れています。

リノベーションやリフォームの工事代金をご自身で捻出できない方もいらっしゃるので、売却完了時にリノベーション工事代金をご精算していただいております。

中古戸建てにも、ご利用いただけますが戸建ての場合には、別途耐震診断を行う必要があります。

リノベーション工事で、費用が嵩むのが床工事と天井工事なんです。

マンションの躯体は基本コンクリートなので、新築施工時の良し悪しが影響します。

フローリングやカーペットを剥がして、床根太などを取るとコンクリートスラブが見えてきます、これが躯体。

床レベルが、ばらばらな事が多いので床レベラーを使って床コンクリートを平にしていきます。

床レベルをしっかりやらないと、後々フローリングの剥離や床鳴りの原因になります。

給排水管も老朽化していれば、このタイミングで交換します。

天井の工事が、また大変。天井を高く出来ても5cm程度なので、費用対効果はよくありません。

最近流行りのデザイナーズリノベでは、コンクリートスラブをわざと見せたり、キッチンのレンジフードも露出させて換気ダクトもそのままなんていうリノベーションもできます。

 

 

 

-全記事, 家・マンションの売り方
-,

Copyright© 横浜のマンション・家・不動産の売却・賃貸ならピタットハウス吉野町店 , 2018 AllRights Reserved.

※ピタットハウスの加盟店は独立自営であり、各店舗の責任のもと運営をしております。