ふるさと納税してみました。

投稿日:2017年12月3日 更新日:

ふるさと納税やってみました!

ふるさと納税

以前から興味は、あったものの確定申告が面倒だったので見送っていましたが、ワンストップ特例制度というのがあって条件により確定申告しなくてよいとのこと。

ふるさと納税できるインターネットサイトは、いくつもあるようですが、その中の2大サイト

ふるさとチョイス」と「さとふる」から選んでみました。

内容はそれほど変わらないので、使いやすいのが一番です。

年収や家族構成によって控除額が変わるので、サイトの中で控除限度額を調べましょう

前年度の源泉徴収票があると便利です。

今までの確定申告タイプだと、所得税の還付と住民税の控除の両方が使えるのに比べ、ワンストップ特例制度は住民税の控除のみになります。

実質負担額は、どちらも2000円程度なので、気軽に始めるならワンストップ特例が良さそうです。

5つの自治体(市区町村)までしか選べませんが、充分です。

手順は控除限度額を調べたら

1.応援する自治体を決める

2.寄付金の使い道を選ぶ

3.寄付金額を決める

4.お礼の品を決める

5.寄付金の納付方法は、クレジットカード決済・金融機関からの振込・現金納付を選べます。

クレジット決済が一番楽です、すぐに「寄付金受領証明書」と「お礼の品」が届いて「寄付金控除の用紙」を送っておしまい。

寄付金控除の記入には個人番号確認が必要でしたが、あとは年末調整などに書類提出する必要もなく自治体が手続きしてくれます。

ふるさと納税ふるさと納税

普段は自分のお金で買って食べることのできない物が届きました。

今回初めてふるさと納税してみて、お礼の品の多さに驚きましたが食べ物などの場合には、賞味期限と冷蔵か冷凍保存なのか確認してから選んだ方がよいです。

今年もあと1ヶ月ですが、まだ間に合いますよ。

ピタットハウス吉野町店

 

-全記事, その他記事
-

Copyright© 横浜のマンション・家・不動産の売却・賃貸ならピタットハウス吉野町店 , 2018 AllRights Reserved.

※ピタットハウスの加盟店は独立自営であり、各店舗の責任のもと運営をしております。