住宅ローン審査 クレジットカード

投稿日:2017年12月16日 更新日:

住宅ローン審査の際のクレジットカード利用の注意点

過去・現在においてクレジットカード支払の延滞などがある場合、住宅ローン審査にかなり影響します。

住宅ローンを借りられたとしても、融資額の減額があったり、金利の優遇を受けられなかったりと条件が不利になることがあります。

現在利用中のカード支払いにリボ払いや分割払い、キャッシングは借金があると判断されます。

カードの枚数×キャッシング枠=借入枠と見なされるので、住宅ローン借り入れ前は必要最低限枚数にした方が良いです。

カード支払い

実際の審査は、どのようにするのか

通常は、不動産を購入する売買契約の前に住宅ローン事前審査というものを金融機関に提出し、個人情報同意書に署名捺印し、収入証明書を添付して事前審査をします。

事前審査の申込書と共に現在の借入状況を自己申告していただきます(審査をすれば分かる事ですが)。

現在の支払も加味して、融資額および融資の可否が審査されます。

リボ払いやその他の借入があるとその分の支払いも住宅ローンの年間返済比率に加えられるので借入可能額が減額されます。

※但し、住宅ローン金利が世の中で一番安い貸出金利だと思いますので、その他の現在返済中の借入を全額住宅ローン借入実行前に返済することを条件に住宅ローンを貸しますよと言う「条件付きでの事前審査」をもらうこともできます。

矛盾しているようですが、貸出金利の優遇をする代わりに給与振込を住宅ローンを借りる金融機関に変更させたり、クレジットーカードやデビットカードの作成を条件にする金融機関もあります。

ピタットハウス吉野町店

 

-全記事, 家・マンションの買い方
-,

Copyright© 横浜のマンション・家・不動産の売却・賃貸ならピタットハウス吉野町店 , 2018 AllRights Reserved.

※ピタットハウスの加盟店は独立自営であり、各店舗の責任のもと運営をしております。