サブリース・一括借上げ・家賃保証・空室保証に気を付けて

投稿日:2018年1月29日 更新日:

サブリース・一括借上げ・家賃保証・空室保証に気を付けて

アパート

相続税法改正によりアパート・マンションの建設が、かなり増えました。

更に、投資ブーム・年金不安・不労所得への憧れなど理由はいろいろありますが、収益投資用不動産が増えたことは間違いありません。

収益投資用不動産を購入・建設する前に勉強をした方は分かると思いますが、サブリースや家賃空室保証などはしないほうが良いです。

家賃保証というのは、賃借人が入らずに空室の時でも決められた家賃を支払いますという内容ですが、家賃は下がりませんという事ではありません。

アパート建築のハウスメーカーに家賃を下げられて騙されたと訴えても勝ち目はありません(ほとんどの判例でハウスメーカーが勝っています)。

一括借上げ・サブリース・家賃保証・空室保証など呼び方は色々ありますが、内容は同じ事で所有者オーナー(大家さん)から空室保証をする会社が一括で部屋を全部借りて、実際に入居する方に転貸するわけです。

家賃空室保証する会社は、大家さんからするとビジネスパートナーではなく借主になりますから、家賃減額請求をされれば最悪裁判所などで争わなくてはなりません。

また、そのような会社はアパート建築・サブリース期間中の修繕費用・家賃の差額で儲けていますので、サブリース解約は簡単ではありません。

長い期間、継続して安定した家賃収入を得る大家業は、そんなに簡単なものではありません。

投資用収益不動産が増え続けるということは、ライバル物件が増え続けるということですから、借主さんに選ばれる物件にしなければなりません。

言われるがままに任せるのではなく、市場調査やニーズの確認、経営的な視点、不動産・建築、投資の勉強を少しでもしてから始めたたほうが良いですよ。

シェアハウス投資の悲劇

最近メディアでも取上げれているシュアハウス投資による悲劇もありました。

こちらは更に、ひどいわけです。

アパート・マンション建設するには建築基準法上の確認を行う必要があるのですが、アパート・マンションなどの共同住宅は一般住宅を建てるよりも規制が厳しくなります。

共同住宅に適する土地が少ない又は、適する土地は高いので、旗竿型の安い土地に共同住宅ではなく長屋式の賃貸住宅を建てさせています。

当然ながら、土地評価も低くなりますから中古になった時に売却するのも苦労します。

更にその物件をシュアハウスにして利回りを良くしようとするのですから、危なっかしい。

単身向けアパート・マンション需要より供給が上回っている現状で、シェアハウスに住みたいと考える若者がどの位いるでしょうか。

 

ピタットハウス吉野町店

 

-全記事, 入居者募集・賃貸管理
-, , ,

Copyright© 横浜のマンション・家・不動産の売却・賃貸ならピタットハウス吉野町店 , 2018 AllRights Reserved.

※ピタットハウスの加盟店は独立自営であり、各店舗の責任のもと運営をしております。